リーダーシップの定義、マネジメントとの違いとは?

リーダーシップとは共通の目標やビジョンに向けてチームや個人の意欲を高め、導くことです。マネジメントも同じく目標達成を目指しますが、計画や準備調整に焦点を当てています。

今回はリーダーシップとマネジメントを区別する重要な要素に注目します。

リーダーシップとマネジメントの違い

マネージャーとリーダーはどちらも類似する課題を抱え、ひとりで何役もの役割をこなすものの、そのアプローチが異なります。

  • コミュニケーション:マネージャーは従業員に指示を与え、明確な指針や期待値を示します。リーダーは従業員に実力を発揮させ、目標到達を促すことを重視します。
  • 成長:リーダーシップは、停滞のリスクを克服するために現状に打破しようとし、新たなことを試み、新たなアイデアを奨励し、リスクを厭わずに成長を達成しようとします。その一方、マネジメントは組織の成長にも関心を持っているため、特にその目標値が伸び率と一致している場合には既に定着しているガイドラインと手順に則って成長に尽力します。
  • インスピレーション:一般的にマネジメントの焦点は職務の割り当てと完了にあり、工夫を凝らす余地はあまりありません。逆にリーダーシップの焦点は、改善、先進的な考え方、新しいアイデア、従来の枠にとらわれない思考の促進にあります。
  • ミッション:マネジメントは、財務目標や成長目標など、達成すべき明確な目標とその成果に重点を置いており、その役割は物事が効率的かつ効果的に進むようにすることです。リーダーシップは、全体的なビジョンに向かって進み続けるためチームを強化することに焦点を当てています。
  • ビジョン:リーダーはチームや組織のビジョンを創造して将来の方向性を定め、従業員を統率するのに対し、マネージャーはそのビジョンを実現するために求められる短期的なタスクを日々遂行することに重点を置いています。
  • 人材管理:マネジメントでは、目標達成に必要な人材の質と量の確保を最優先し、リーダーシップでは、そうした人材の統率、やる気の向上、鼓舞を重視します。
  • プロジェクト管理と目標到達:マネージャーは権限を行使して規則・基準・手順の順守や課題完了、目標達成を実現させます。リーダーは全体の目的と将来のビジョンに向け従業員を奮起させる方法で目標に到達します。

2つの役割を分ける主な要素

2つの役割には、「人を導き、結果達成を促すこと」と「人を動かし、結果に到達すること」という点に違いがあります。

リーダーシップとは、

  • 価値を測るより創ること
  • 権限より影響力  
  • 管理よりモチベーション
  • パワーとステータスへの依存や管理より意欲の向上と鼓舞
  • 体制整備より革新
  • 現状維持より先進的な思考

チームを率いる際に相応しいのは?

企業にはビジョンを生み、浸透させる強いリーダーと、ビジョンを実現するため業務とタスクを管理するマネージャーの両方が必要です。大切なのは状況に応じた使い分けとバランスです。目的達成には両アプローチが補完的に作用します。

2つの役割を担える候補者の採用をお考えでしたら、今すぐ弊社までご連絡・ご相談ください