パフォーマンスマネジメント

企業のパフォーマンスマネジメントのプロセスはビジネス上の目標達成はもとより、従業員のモチベーションや能力向上へ同時に働きかける手法で、個人と組織の持続的な成長を促します。企業が従業員の能力発展やキャリア成長へ意欲的であるメッセージで、従業員のモチベーションやロイヤリティを重要視する姿勢が感じられます。

昇進決定や昇給に及ぶパフォーマンス評価から包括的なパフォーマンスマネジメントプロセスの利点を理解しましょう。

パフォーマンスマネジメントは企業の成功の必須要項

有力なパフォーマンスマネジメントを企業に導入することは人事責任よりも重要です。 企業運営の成功、ボーナス・昇給などのフレームワークとの結びつき、給与評価の基本となり人材費用に直接関わっております。

個々の従業員に対して明確なパフォーマンスマネジメント計画を実施することは、どのパフォーマンスが評価されたのか、どの点が改善すべき課題なのか、どのようにトレーニングやプロとしての能力発展をしていくべきなのか、そして組織がどのようにサポートし個人のキャリア成長させてくれるのかが重要です。

なぜパフォーマンス評価が大事なのか?

パフォーマンス評価は従業員がどのようにパフォーマンスし、貢献したのか、改善点はどこか、年次の発展目標やキャリア構築に対してフィードバックする機会です。従業員のモチベーション、意欲、使命感を高め、個々の潜在能力を引きだすことが目的とされております。

続きを読む >

従業員の昇進(プロモーション)

管理職(マネジャー)として従業員の昇進の時期や根拠を見極めるのは重大な役目です。 優秀な従業員に同じ地位を与え続けると、会社における将来について疑問視しかねません。従業員の仕事に対しての態度や意欲をくみ取り、適切なタイミングで昇進させてあげましょう。

続きを読む >

人材をお探しですか?

昇給要求の対処の仕方

どの従業員の昇給が望ましいのか判断する事は優れた人材の維持にも繋がります。 給与の見直し時期でないときに急に従業員からの昇給の申し出を受けることもあるかもしれません。そんな時、従業員の気持ちに寄り添いながら対処する方法を知る必要があります。

続きを読む >

目標設定の仕方

目標設定はスタッフのパフォーマンスやチームの生産高の向上、そして組織の成功へつながります。どのように従業員のメンターとなり的確な目標設定を助言し、パフォーマンス成果を上げるのか見ていきましょう。

続きを読む >

パフォーマンス評価の実施方法

人事考課を実施することは生産性や強いチームを確かめる上で効率的で、パフォーマンスマネジメントにおいても役立つ手法です。従業員の業務に対する姿勢、貢献度、業績、能力などを査定し、賃金・昇進等の人事処遇へ反映する必要があります。どのように次回の従業員の評価へ取り入れたらよいのか学びましょう。

続きを読む >

MBOとは?

従業員の目標設定やパフォーマンスを明確で現実的な方法で探しているのであれば、MBO(目標管理)の導入が良いでしょう。企業の目標やミッションに基づいて個人目標を設定することで、明確且つ具体的に組織とスタッフの方向性を統一する事が可能になります。組織全体の生産性やパフォーマンスが改善され、より効率的に結果を出せる基盤が整います。

続きを読む >

MBOとOKRの違いについて

MBOは何を成し遂げたいかどうかに焦点をおき、OKRは何を達成し、その為にはどのように達成すればよいかに着目します。OKRはMBOから発展した手法で、目標や戦略がより明確で細分化されているのが特徴です。組織全体で目標を共有し、目標達成指標を意識しながらそれぞれが優先事項を明確にし業務に取り組みます。個々の目標と結果につながる連携を生み出し、チームの垣根を越え迅速なコミュニーケーションが可能となり、生産性の向上に繋がります。

続きを読む >

採用ニーズをお聞かせください

人材紹介をお申込む