仕事における目標設定例・書き方について

管理職として、スタッフの生産性を上げる為にパフォーマンスの手助けをすることは重要です。マネージャーとしての役割責任のみならず、効率的な目標(現実的な企画/戦略、KPI、チーム結束力、エンゲージメントやリテンションの増加)設定の手助けをする必要があります。

目標設定に役立つヒントについてみていきましょう。

どのように従業員の目標設定をサポートするのか。

① 会社とチームの目的に沿った目標を設定

従業員は会社を前進させ、目標を達成するのに貢献してくれます。目標を設定する時に個人の目標・チームのミッション・組織全体の策略を上手くリンクさせましょう。スタッフが直接的にどう会社の成功へ貢献しているのかが分かり、企業への愛着(エンゲージメント)が増大します。

② 目標は明確で実践可能なこと-「SMART」法則のフレームワーク

"SMART" 法則の目標/目的はSpecific(具体性) 、Measurable(計量性) 、Achievable(達成可能性) 、Relevant(関連性) 、Time-based(期限設定)から成り立ち、目標達成実現へ導きます。従業員と共同でSMART法則を用いて目標設定することで、企業側からの期待されていることの理解も深まり、目標を達成するという意欲的な姿勢になります。

③ 個人的な目標とキャリア目標を盛り込むことでエンゲージメントを高める

個人目標をチームや組織の目的と統一させることは重要です。従業員は個人的な進歩を通してやる気が起きるのでこの要素を目標設定プロセスに含めるようにしましょう。従業員個人の能力を磨き、将来より困難な役割やプロジェクトに取り組めるようになります。

④ 具体的な行動計画

チームメンバーに対してどのように仕事を進め目標達成へと繋げればよいか、タスクと重要な成果で目標を細分化させます。この時、仕事上の特定業務、目標やどのように全体を捉えればよいかについて言及します。

⑤ 仕事の進捗確認と従業員の指導を続ける

やる気を起こさせ、報酬を与え、認識し、そしてトレーニングすることは目標設定プロセスにおいてマネージャー自身の責任を示すために重要なことであり、組織全体の成功へと繋がります。

⑥ 目標は挑戦的だが、達成可能であることを強調する

従業員が目標に向けて働き、挑戦を乗り越え/克服しようとしている時にはいつでも手助けができるようにしておきましょう。最終的に個人、チームそして会社全体の底上げになります。

目標設定プロセスを通しどのようにスタッフをコーチング・指導すればよいか

マネージャーは継続的に改善が可能な項目を見直し、目標に近づけるように手助けをする責任があります。

  • 継続的に進捗状況を確認し、必要に応じて方向修正をします。モニタリングを通して、相互が問題を指摘し、トレーニングや制度の導入が可能になります。目標から軌道がそれていれば修正することで、従業員のモチベーションが下がるリスクを未然に防げます。
  • 目標を達成した従業員に報酬を与える。報酬といっても給与アップやプロモーションが必ずしも必要ではなく、認知や貢献を称えることやランチやコーヒー券といった特典を与える方法もあります。他のメンバーの前で従業員の努力や成果を賞賛/激励し、継続して努力を惜しまないよう動機づけにもなります。
  • 良好な信頼関係を築くことで、スタッフがもっと気兼ねなく相談に来たり、目標達成しようという働きぶりを見せます。

フォローアップの重要さ

たとえ現実的な計画もしくは‘易しい‘計画も、しっかりと管理しなければ目標達成とはなりません。管理職/直属の上司は従業員の目標設定の取り組みに適切なフォローを実践しなければなりません。目標設定やトラッキングはオンラインシステムやプログラムを使用することでより効率よく現状を確認できます。これらのツールは複雑でも、高額である必要もなく、無料なもので代用ができます。

目標に達成しているかどうかに関わらず、常にフォローアップすることが重要です。フォローアップは人材育成の為にも、動機付けや目標達成における様々な課題を克服させるために欠かせない手法です。