効果的な採用フロー

効果的な採用フローの構築法

優秀な人材をお探し中の採用担当マネージャーである皆様にとって、採用フローはおそらく多大な労力を要するプロセスなのではないでしょうか。事前の準備が十分に整わない場合や、各ステップの重要性をよく理解していない場合には、それぞれのステップを確実に進めることが難しいこともあります。

優秀な人材の採用に困難を感じる場合は、結果に影響を与えている何らかの原因が複数あるはずです。例えば、採用決定に時間がかかり過ぎて、候補者を逃していたり、面接時の質問が適切でないために、職務に適した候補者の絞り込みが上手くいかなかったりすることが考えられます。

現在の採用フローに改善の余地があるとお考えの場合は、ロバート・ハーフがご紹介している実用的なヒントをぜひお試しください。同時にご提案する効率化の方法と合わせて、従来以上の準備を整えれば、適材を探し出す採用担当者としての手腕も上がるかも知れません。また弊社にご連絡を頂ければ、喜んで理想的な候補者をチームに迎えるお手伝いをさせて頂きます。

職務内容の効果的な記述

採用の必要条件を明確に

新しく従業員を採用するにあたり、何から始めるべきかをご思案中ですか?雇用形態は契約社員、臨時社員、正社員等、どのようなものをご希望でしょう。採用プロセスを最大限に効率化するためには、職務内容を最大限効果的に記載する必要があります。

詳しく見る>

募集広告の宣伝方法

応募者を最大限に集める

募集広告がどれほど魅力的でも、広く人目に触れなければ優秀な人材を引き付けることはできません。強固な宣伝戦略があれば、貴社の募集広告を可能な限り多くの候補者に見てもらい、類似職務を募る他社の広告よりも目立たせることが可能です。

詳しく見る >

面接時の質問

包括的な質問を用意する

来るべき面接に万端の準備で臨むのは候補者だけでなく、採用担当者である皆様も同じです。面接に備え、候補者の長所、短所、人柄の詳細が少しずつ明らかになる優れた質問をバランスよく用意しておきましょう。

詳しく見る >

人材をお探しですか?

採用側に必要な面接術

面接術を身につける

採用面接は、点を線で繋ぐように様々な要素から全体像を導き出し、候補者が非常に職務に適しているかどうかを見極める機会です。面接によってはその見極めが難しいこともありますが、採用側の面接術に成功事例を取り入れることで、結果に大きな違いが生まれるでしょう。

詳しく見る>

面接の実施

面接に明確な時間枠を設ける

採用担当マネージャーの皆様の中には、レジュメ(履歴書)の内容から興味を持った候補者全員に会う時間等とてもないと思われる方も沢山いらっしゃるでしょう。しかし、直接会うかスカイプ上かに関わらず、効果的な面接プロセスをきちんと実施することが、最も優れた人材を確保するためには重要です。

詳しく見る >

 

適正重視の面接

より深い審査で適切な人材を得る

人材紹介会社でも、採用担当マネージャーの間でも、職務に合う候補者を選ぶ際に適正重視の面接を行うことが増えています。現在の採用フローへ適正重視面接を組み込む方法、及び該当する質問例をぜひご参照ください。

詳しく見る >

身元照会

身元照会の実施

採用プロセスにおいては、候補者のこれまでの実績や文化的な適合性に関し、候補者とは別に見識を提供してくれる身元照会も大切です。書類上でも、面接でも自らを素晴らしく見せることに長けた候補者はいくらでもいらっしゃる。そのため面接後のフォローアップとして身元照会を行うことが重要になります。

詳しく見る >

採用の申し入れ

迅速さが肝心。契約締結と採用の申し入れ

最適な候補者を選んだら、次は採用を申し入れて正式な契約へと進みましょう。採用通知を送る前に、採用手続きを出来るだけスムーズに行うための確認点をいくつか紹介いたします。

詳しく見る >

新入社員研修

新入社員を上手に迎え入れる

新入社員が第1日目から成功できるよう力を尽くすことは、採用担当マネージャーの大切な仕事です。新しいスタッフを効果的に紹介することおよび企業に迎え入れるための新人研修の重要性を軽視してはいけません。必ず新人研修計画を立て、新しいチームメンバーを紹介する機会を設けてください。

詳しく見る >

不採用通知書の書き方

プロとしての礼儀

義務ではありませんが、不採用通知を出すことが企業にとってプラスになる場合もあります。通知に含めるべき内容、含めない方が良い内容をお読み頂き、貴社に合って弊社が作成した不採用通知書の雛形(テンプレート)是非お使いくださいませ。

詳しく見る >

面接官向けマニュアルの書き方

基本を確立する

面接官向けマニュアルがあれば、経験豊かな採用担当マネージャーの皆様にもその便利さを実感頂けるはずです。マニュアルが、これまでよりもっと効率的な採用フローと効果的な採用を可能にしてくれることでしょう。

詳しく見る >

面接官の基礎知識

留意すべき点

採用につながりそうな候補者との面接時間を最大限有意義なものとするために採用担当マネージャーである皆様にぜひ知っておいて頂きたいポイントを紹介させて頂きます。面接官の必須知識を面接前にぜひご一読ください。

詳しく見る >

採用面接中に行う適性評価が大切な理由

深く審査することの価値

面接中に候補者の適性を評価できれば、職務に適切な人選に役立つうえ、企業にも多くの成果がもたらされます。面接中の適性評価については、適正評価をしないことによる弊害に関する情報と合わせて、ぜひこちらをお読みください。

詳しく見る >