従業員エンゲージメントとは?向上方法について

エンゲージメントが高い従業員は、仕事や目標に積極的に取り組みますが、その向上には投資が必要です。従業員エンゲージメント戦略は、深い業務関与と生産性維持を目的に開発されます。

従業員エンゲージメントはなぜ重要?

従業員エンゲージメントは、スタッフの管理方法に大きな違いをもたらします。組織の全従業員のエンゲージメントを向上させることを目標とする理由はいくかあります。

  • 自身の役割をよく理解し、組織で役立つ仕組み、達成と成長に必要な行動を正しく認識できる。
  • 組織の役割を理解して主体性が高まり、少ない指示で動き、信頼が素早く構築される。
  • 企業の評判を高める宣伝担当者となり、採用市場の企業地位向上に貢献する。

エンゲージメントの向上方法

様々な戦略開発がありますが、最もよく知られている理論の一つ、最も有名なのは従業員エンゲージメントの【10C】の組織行動学部教授のGerard Seijts博士と博士課程の学生Dan Crim氏によって作成された。これらは、スタッフのモチベーションと仕事の満足度を向上させるための強力な枠組みを提供します。これらは、従業員が自分の仕事に対してより大きな独立性と所有権を与え、最終的には組織との繋がりを強めるための証明済みの方法です。

① Connect【つなぐ】

従業員の仕事と意見を尊重。定期的にフィードバックを求め、職場環境を向上。

② Career【キャリア】

ここで働けば成長できると思わせる。挑戦しやすいキャリア開発機会を。

③ Clarity【明確さ】

意思疎通と指示を明確に。若手の働きも大きな貢献につながると認識させる。質問しやすい環境を。

④ Convey伝える

改善点を前向きに上手く伝える。フィードバックは管理スキルかつ従業員エンゲージメント向上のコツ。

⑤ Congratulate【褒める】

タイミングよく褒める。「ありがとう」の効果。

⑥ Contribute【貢献】

自分の仕事が企業の成功につながると知らせる。個々の努力を共有し、貢献を本人に伝える。

⑦ Control【管理】

重要ポイント。スタッフに仕事を管理させ、信頼、当事者意識、説明責任意識を育む。

⑧ Collaborate【協力】

チームワークで関与を促進。協力を奨励し、多様な意見と役割を持つ人のミーティング参加を促し、優れたチームワークに報酬を。

⑨ Credibility【信頼】

上司と企業に高い倫理観を感じるとエンゲージメントが高まる。一貫性を持ち信頼できる組織の姿を示す。

⑩ Confidence【自信】

能力、自信、頼りがいと実績のあるリーダーを育成。自信と熱意を示す。

各Cには深い関与と安心、サポートを従業員に与える重要な役割があります。従業員エンゲージメント戦略の共通点は、総合的取り組みと継続的改善の必要性です。フィードバックを恐れず、従業員、企業のニーズに合う戦略変更に備えましょう。