従業員レコグニション制度について

従業員レコグニションとは、目標達成、効率向上、利益増大、組織を楽しく感動的な職場にすることに貢献する従業員の働きを認めることです。それは、雇用主として職場に二重の効果をもたらします。認められた従業員は幸福と満足を感じ、企業への忠誠心と献身が高まる傾向があるからです。そのため、レコグニションはチーム管理の重要な部分となっております。

レコグニションの種類

表彰式やボーナスなど、従業員の働きに応じた褒賞と認証の制度を確立している企業から、追加有休やチームランチなど、より気軽な方法を用いる企業までさまざま。通常、その方法は次の2種類に大別されます。

1. 金銭的 

ボーナス、褒賞パッケージ、贈答品など。追加報酬やチームでのランチも含みます。

2. 非金銭的 

感謝の言葉、追加有休、時差勤務、社内の能力開発機会、一斉メールでの言及など

与え方

従業員の職場人生を向上させる優れた褒賞と認証の仕組みが、強固なチーム文化と前向きな職場環境を築きます。効果的な方法は次のとおりです。

  • 社外活動

映画鑑賞、遊園地訪問、ピクニックなど。絆を深め、士気を高める効果は単なる褒賞以上。社外で深めた絆が社内での協力につながります。ロバート・ハーフの報告書『楽しく働こう』では、「チーム関係が良好」と答えた人は「良好でない」と答えた人よりも仕事に満足している可能性が2.7倍高くなっています。

  • 柔軟な労働環境の提供

確実かつ重要なレコグニション方法です。柔軟な労働環境の提供は従業員のワークライフバランス支援にもなります。

  • 「ありがとう」を伝える

「ありがとう」の一言には大きな力があります。相手の目を見て具体的な理由も伝えましょう。 

  • 従業員の興味や関心を大切に

大仕事を完了した従業員がサッカー好きなら観戦休暇を、ボランティア熱心なら寄付を。個別の心遣いが光る褒賞を考えます。

従業員レコグニションは、エンゲージメント、満足感、忠誠心の向上に重要であり、金銭以外の方法もあります。心遣いと工夫で、末永く良好な仕事文化を築きましょう。