ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーの契約社員が増えている理由と背景とは?

著者 Robert Half on 2022 年 8 月 10 日

ロバート・ハーフ・ジャパンのビジネストランスフォーメーション担当ディレクター、マーカス・アーカーホルムとアーマッド・ロヤニにインタビューを行い、日本でバイリンガルのプロジェクトマネージャーやITコンサルタントの契約社員が増加している理由、そして彼らのチームがどのようにしてクライアントに市場のトップクラスの人材を紹介しているのかを聞きました。

1. コンサルタントが契約採用に注目する理由とそのメリットは何ですか?

マーカス・オーケルホルム: 専門分野によっては、契約社員のほうが正社員より高い報酬で働けます。自分で会社を経営する自営業、あるいは独立系ITコンサルには税制上のメリットもあります。また、ゆとりのある柔軟な働き方ができるため、取り組みたいプロジェクトを選ぶことも、定年退職の後でも働くことができ、高齢化の進む日本には非常に合っていると言えます。

2. 企業において契約社員の需要を引き上げている要因は何ですか?

アーマッド・ロヤニ: 需要を引き上げているのは、技術革新のスピードと正社員を雇用するコストの急激な上昇です。マーカスが言ったように、特にIT業界ですね。最後に新型コロナウイルス感染症の影響で柔軟な働き方が普及しました。これが現在の雇用市場に大きな影響を与えていると思います。

3. 現在、契約社員市場で需要が高いのはどのような人材ですか?

マーカス・オーケルホルム: 具体的な専門分野を持つバイリンガルのプロジェクトマネージャーには高い需要があります。お客様の関心が特に高いのは、ビジネスアプリケーションマネージャー(SAP、Salesforce、ServiceNowなど)のほか、ITセキュリティ、インフラ、データ管理を担当するプロジェクトマネージャーです。

4. 企業がロバート・ハーフ・ジャパンを通じてビジネスやデジタルトランスフォーメーション人材の柔軟な採用ソリューション(雇用形態を問わない採用)を選ぶ理由は何だと思いますか?

アーマッド・ロヤニ:日本企業は従来からコンサルティング会社やシステムインテグレーターにテクノロジーアウトソーシングに関するソリューションやサービスを求めています。しかし業務のデジタル化に対する需要が急速に高まり、その分野の人材が不足しているため、サービスのコストが徐々に上がっています。

業界に幅広い人脈を持つロバート・ハーフでは、価値の高いトップクラスのコンサルタントを競争力あるコストでご紹介します。ご希望に応じて、ロバート・ハーフのコンサルタントを直接採用いただくこともいつでも可能です(ITコンサルの知識を活用するため)。これはコンサルティング会社にもシステムインテグレーターにもない側面です。


契約人材というソリューション

急速な拡大、合併、買収などの重要なプロジェクトが発生すると、企業はしばしば仕事量の急激な増加に見舞われ、有能で経験豊富な専門家を緊急に必要とすることがあります。

ロバート・ハーフは、プロジェクトベースまたは特定の期間、貴社に貢献できるビジネスシステムの多数の専門家と契約しており、貴社の事情に即したプロフェッショナルをご提案いたします。当社の専門家は、自身が関与する案件に全力を注ぎ、強い熱意をもってプロジェクトを成功へと導くご支援をしています。


ビジネストランスフォーメーションなどのプロジェクトを牽引する契約人材をお探しの方はぜひ下記弊社担当者までご連絡ください:

アーマッド・ロヤニ 
ビジネストランスフォーメーション – マネージメントリソース  ディレクター
英語と日本語に堪能で、営業、コンサルティング、リクルーティングに8年以上の経験を持ちます。
M: +81 90 9497 9438
[email protected]

マーカス・オーケルホルム 
ビジネストランスフォーメーション – マネージメントリソース  ディレクター

英語に堪能で、日本語での会話も可能。コンサルティングとリクルーティングに10年以上の経験を持ちます。
M: +81 80 6730 3490
[email protected]

その他のブログ記事