優秀な人材の待遇を今すぐ考え直すべき理由

優秀な人材の待遇を今すぐ考え直すべき理由

雇用主としては、最も優秀な人材を雇用し、定着させたいものです。そのためには、まず適切なレベルの給与を提示しましょう。 

日々、会社を動かしているのは社員です。トップクラスのプロフェッショナルは、現在の雇用市場に数多くの選択肢があることを理解しています。彼らを会社に引き留止めるだけの水準以上の待遇を提示していますか? 

あなたが雇用主ならば、今すぐ先同じ地域や業界のライバル社と報酬を比較して先手を打つすべきです。優秀な人材にとって魅力的な給与や手当を提示できるよう、準備してください。また、既に社内に存在する貴重な社員がすでに関しては、社員の定着を最優先し、他社から引き抜きの声がかかる前に給与を引き上げるようにしましょう。

ここでは、社員の待遇を適切に再評価するための手順をいくつかご紹介します。

今すぐ給与ガイドをダウンロード

情報を収集する

最新のロバートハーフ給与ガイドで、平均的な給与レベルに関する信頼性の高い情報と日本における雇用と報酬の総合的なトレンドを把握しましょう。また、求人サイトに目を通し、同じ地域での同業他社が各職務ポジションにどのぐらいの給与を提示しているかチェックします。

専門家や同僚の助言を得る

信頼できる人材紹介会社や、人事プロフェッショナル、その他の雇用担当者に、情報収集の手助けを求めましょう。業界内の人脈を生かし、報酬、昇給、採用の方法、社員の定着などについて意見を聞くこともお勧めします。情勢を把握すれば、優秀な人材を確保できる可能性が高くなります。

給与以外も検討する

公正な給与は優秀な人材を惹きつける1つの方法ですが、求職者にとっては諸手当も重要です。求職者は、賞与、インセンティブ、フレックスタイムなど全てを包括的に考慮検討します。スマートフォンやタブレットの支給や、勤続休暇、さらには海外勤務のチャンスを提供する企業もあります。可能な限り自由な発想で競争力を維持できるよう努めましょう。

柔軟性を高く

給与レベルを把握し色々と検討しても、多少の妥協や交渉が必要となるかもしれません。特に他社の社員を引き抜こうとする場合や、需要の高い専門スキルを持つ人材が欲しい場合には柔軟な対応が求められます。

身近なスターの存在を忘れない

新しい候補者の採用に全力を注ぐあまり、社内の貴重な人材を見過ごしてしまうことがよくあります。今現在の雇用市場が上向きであることから、彼らが転職を考えないとも限りません。彼らの努力には早い段階で報いるようにしてください。査定の頻度を上げ、段階的に昇給を与えるとともに、研修や昇進の可能性を話し合うことで、社員の定着率を高めます。

この記事は、過去に「Why You Need to Rethink Employee Salaries Today(従業員の給与を今すぐ考え直すべき理由)」としてOfficeTeamブログに掲載されたものです。

このページをシェア